So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ

ぶら下げるシャンプー(三輝 詰め替えそのまま MINI) [商品レビュー]



こんにちは、route298です。
ご訪問ありがとうございます。

いきなりですが、こちらは我が家のお風呂場。
最近すっきりしたんです!!!( *´艸`)
IMG_4109.JPG



どこがすっきりしたかというと・・・写真の左側にかかっている何か達。
これらはボディソープ、シャンプー、コンディショナーなんですが、
なんと壁に掛けているのです!(見たままですね)
IMG_4104.JPG

なぜ壁に掛けるようになったかというと・・・

今まで、ボディソープやシャンプーは100均の容器に詰め替えて使っていました。
こんな容器たち。
IMG_4151.JPG

でも、容器に詰め替えているとこんな不満を感じてきました。

・容器が汚くなる

我が家の容器たちもこんな感じで石鹸カスが溜まっていました。
IMG_4154.JPG

100均の容器なので、まめに買い替えればよいのでしょうが・・・
さらに、

・詰め替えに時間がかかって面倒くさい

後は
・詰め替える前に容器を洗って乾かさないといけない
(水分が残っていると雑菌がわくから)
・お風呂場の台に置いておくと容器の底がヌルヌルになる
等々・・・
けっこう不満が溜まっていたのでなんとかならないかなあと思案していたところ
おもしろい商品を発見しました。
それがこちら ↓

こちらは
「三輝 詰め替えそのまま MINI」という商品です。

この商品はシャンプーやボディソープの詰め替えが面倒な人のために
詰め替えパックをそのまま使用できるようにした物です。


ちなみに「三輝 詰め替えそのまま」というスタンダード商品もあります。


ミニとスタンダードの違いは、ぶら下げるホルダー部分と中身の出る量です。
(ひと絞りの出る量 ミニ:3~4ml、スタンダード:6~7ml)
我が家は「MINI」を使用しています。



メーカーではこれを使用することで
<お風呂場からボトルが無くなる>
<空気や水分に触れることが無くなるので雑菌の繁殖が無くなる>
<片手で中身が適量出るので楽になる>
とうたっています。


もしメーカーの言う通りだとすると・・・
こりゃ便利だ! Σ(・ω・ノ)ノ!
ということで、我が家でも購入して使用してみました。



【取り付け方】
取り付け手順は下記の様になります。

ちなみに、詰め替えするパックは端が
・ぼこぼこなみなみしていない
・プラスチックの筒みたいなものが入っていない
ものに取付可能となっています。

我が家はビオレを使っています。端は ↓ こんな感じ。
IMG_4093.JPG
この詰め替えパックの口を普通に開けます。
IMG_4094.JPG

そして、こちらが「詰め替えそのままMINI」。
IMG_4095.JPG
左の部品を写真のように羽(?)を開けます。
IMG_4096.JPG
詰め替えパックの口部分に「詰め替えそのままMINI」を取り付けます。
IMG_4097.JPG

注意!
ここでしっかり取り付けないと逆さにつるしたときに中身が出てきます!
IMG_4099.JPG
↑ これくらいだと中身が出てくる恐れがあります。
私も一回失敗して、中身が出たことがあります、手が・・・石鹸臭い・・・( ;∀;)

下の写真の様に奥までしっかり入れてください。
IMG_4098.JPG

あとは羽(?)をぱちんと閉じます。
IMG_4100.JPG

反対側、対角線上にホルダーを取り付けます。
ホルダーの丸いところを引っ張ると隙間が出来るので詰め替えパックを挟み込みます。
IMG_4101.JPG
丸い所を押したらしっかり挟まれます。
IMG_4102.JPG

こんな感じで取付完了です。
IMG_4103.JPG

詳しい取付方法は、取り扱い説明書やメーカーホームページにも載っています。



ちなみに我が家では、これらの詰め替えパックをぶら下げるために新たにタオルハンガーを購入しました。
強力吸盤仕様で耐荷重3キロまでいけるので余裕かと思いましたが、思ったより重いのかよく落ちてしまい・・・
主人に吸盤をしっか~り取り付けてもらいました (^-^;


もし「詰め替えそのまま」のセットで売っているハンガーなどを使用せず、別でタオルハンガーを用意する場合は、なるべく耐荷重が大きい方が安心だと思います。



【使用感】
さて、使用した感じは。
この丸い部分を押すと
IMG_4105.JPG
中身が出てきます。

ただ、コンディショナーの場合、押すと
IMG_4155.JPG
丸い部分がなかなか戻りにくいので次を出すのに少し時間がかかります。IMG_4156.JPG
コンディショナーは粘度が高いからでしょうか?

シャンプーやボディソープは問題なく中身が出てきました。液だれなどもありませんでした。
コンディショナーは、ものによっては使用できない(中身が出てこない)ものがあるかもしれませんが、とりあえず我が家で使用している「海のうるおい藻 コンディショナー」はこんな感じで使えました。


【まとめ】
<メリット>
①詰め替えは(注意すれば)簡単
②お風呂場(の台)はスッキリする
③最後まで使い切れる

<デメリット>
①使えない詰め替えパックもある
②コンディショナーなど粘度の高い物は出にくい
③価格が高い

特にびっくりしたのがメリット③の最後まで使い切れるという事。
今までは詰め替えたら少し中身が残るので、お湯を入れてしゃばしゃばして使ったり(貧乏くさいですが・・・)していましたが、これを使ったら中身が全くのこっていない!
ずっと逆さにつるしているからでしょうか、地球の引力ってすごいんですね ('◇')ゞ

デメリットの③価格が高いのは、メーカー曰く日本製だからということです。
確かに1つ1000円位なので、我が家でも3つ同時に買うときはちょっと躊躇しました。(笑)

でも、結果的に
我が家では購入して良かったと思います。

シャンプーやボディソープの詰め替えに煩わしさを感じている方は一度使用してみてはいかがでしょうか。(*^-^*)


 




ブログランキング参加しています。クリックお願いします。
   ↓↓↓↓↓

手作り・DIY ブログランキングへ



空き缶リメイク [100均 DIY]



こんにちは、route298です。
ご訪問ありがとうございます。

今回は空き缶のリメイクについて。
IMG_4081.JPG




皆さんの家にも一つや二つあるのではないでしょうか、
お菓子の空き缶・・・
IMG_3663.JPG IMG_3665.JPG

これらの空き缶、子供達にはパッケージがかわいいらしく、そのまま小物入れに使っていましたが・・・

とある空き缶を自分たちの部屋に置かず、台所において自分達のお菓子入れに使いだしました。


お母さん的には
台所に置かないでほしい・・・(´・ω・`)

・・・のですが、お菓子むき出しも何なので仕方なく置いていました。


でも、やっぱり台所にそのまま置かれるとごちゃごちゃした雰囲気になるので、
なにか手を加えてシンプルで台所に置いても邪魔にならないデザイン
に変える事にしました。


その方法は至って簡単。
①色を塗る
②取っ手を付ける


そうと決まれば、早速100均で取っ手を購入して、
(取っ手は子供達のチョイスです)
IMG_4067.JPG
リメイク開始です。


まず、表面をペンキで色塗りするのですが・・・
通常、水性ペンキをそのままアルミ缶に塗ると、パリパリに割れて剥げてしまうそうです。
そうならないため、下地材などを使うのですが、
私は使わず(実は知らなかった)
元の絵柄を隠すために油性ペンキ(緑)を塗ってから、水性ペンキ(白)を塗りました。
すると、あら不思議、ペンキが剥がれません!

塗る前に、ふたが重なる部分はペンキを塗らないように養生しましょう。
養生しないとペンキの膜厚分、缶の径が大きくなるのでふたが閉まらなくなってしまいます!!
IMG_4017.JPG
マスキングテープを本来の使用用途で使用・・・

ペンキを塗って乾いたら、取っ手を取り付けるための穴を開けます。
ふたの中心部分にくぎで穴を開けます。(今回位置は目分量です)
IMG_4060.JPG

そのあと電動ドリルで穴を開けていきます。
IMG_4066.JPG
最初は径の小さいものから、少しずつ径を大きくするように開けていきます。
IMG_4070.JPG

穴が開いたら、取っ手を取り付けます。
IMG_4071.JPG

これで完成!!
IMG_4075.JPG


・・・おや?
皆さん何か感じませんか?
IMG_4078.JPG
はい、私も感じました。

さみしい・・・(´・ω・`)


このままでは物足りないので、何かラベルを貼ることにしました。

ラベルは自分で作ってもいいのですが、今回はインターネットから無料の物をダウンロードして使用しました。

用意したラベルは、シール用紙に印刷すると簡単に缶に貼り付けることが出来ます。
(普通の紙に印刷してボンドで貼ってもいいです。)

そして出来上がったのがこちら!
IMG_4083.JPG

IMG_4086.JPG

「Make a nice Garden = 素敵な庭を作る」
と書いてますが、中身はお菓子です・・・(*´▽`*)


ブログランキング参加しています。クリックお願いします。
   ↓↓↓↓↓

手作り・DIY ブログランキングへ





2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ