So-net無料ブログ作成
検索選択

帽子掛け(ポールハンガー) [家具、インテリア]



こんにちは、route298です。
ご訪問ありがとうございます。

我が家の玄関には備え付けの下駄箱があるのですが(シューズボックスと言ったほうが良いのでしょうか・・・)壁と下駄箱の間になぜか20数㎝の隙間があります。
IMG_3528.JPG
IMG_3531.JPG
子供の帽子など小物が増えてきたので、その隙間に市販のポールハンガーを置いてみようかと思ったのですが
幅が狭すぎてなかなか合うものがない・・・


こんな時は・・・・・
自分で作る!!!

市販のポールハンガーをお店で見たとき思ったのが、結構足元が大きいしその割にグラグラするし。
我が家の玄関隙間は狭いし、どんな形で作ればよいのか・・・
と、悩んでいたら主人が「突っ張り棒にしたら?」と。

なるほど~天井まで棒を突っ張らせればぐらぐらしないし幅も取らない!
でも天井まで棒をぴったりと突っ張らせるなんてどうやればいいのか・・・?
そんな時にちょうど良い物が ↓

この商品は「ディアウォール」と言って、壁などを傷つけずに簡単に柱を立てることが出来る商品です。
市販の2×4材とこのディアウォールを使って床から天井に棒を突っ張らせてポールハンガーを作っていきたいと思います。


【帽子掛け(ポールハンガー)製作工程】
【材料】
 ・2×4材
 ・ディアウォール
 ・フック×5(今回は2種類、セリアで購入)
 ・ペンキ(余りもの)

①長さを測る
 天井から床までの寸法を測る

②木材切断
 2×4材をカットする
  正確な寸法はディアウォールの取扱説明書を参考にしてカットして下さい。

③塗装
 木材にペンキを塗る
  今回は下駄箱の色と合わせてホワイトで塗りました。
 ※塗装が乾くまで十分待ちましょう。

④フック取付
 フックを取り付ける
  今回は100均のセリアで購入したアンティーク調のフックを2種類、交互に取り付けました。
IMG_3554.JPG
IMG_3553.JPG

⑤取付
 2×4材にディアウォールを付け、天井から床に突っ張らせる
  詳しい取付方法はディアウォールの取扱説明書を読んで下さい。以下は参考までに。
  2×4材の天井側に上パッド(ばねがついている方)を被せます。
IMG_3551.JPG
  2×4材の床側に下パッドを被せます。
IMG_3549.JPG
  2×4材を突っ張らせる時は、天井側(ばねのある方)を押し付けながら床側を設置したい位置に移動させます。

⑥完成
IMG_3535.JPG
IMG_3536.JPG
これで帽子などの小物が整頓出来ました。
IMG_3544.JPG

【制作期間】
半日ほど(塗装の乾燥は除く)

【費用】
2000円強

   




ブログランキング参加しています。クリックお願いします。
   ↓↓↓↓↓

手作り・DIY ブログランキングへ



ポーチをショルダーバッグに(リメイク) [ハンドメイド]



こんにちは、route298です。
ご訪問ありがとうございます。

この間、とあるお店屋さんで洋服を買ったらこんなおまけを戴きました。


セカンド・・・ポーチ・・・?
IMG_3388.JPG

スヌーピーか~、でも
いらないな。

と、思ったのですが、子供が
使いたい!どうやって使うかわからない(笑)けど使いたい!!!
と言ったので、何とか使えるようリメイクすることにしました。

と言うことで
【ショルダーバッグ制作(リメイク)工程】
今回は既存のポーチに肩にかける紐とマチ(幅)を追加してショルダーバッグにします。
【材料】
 既製品などのポーチ
 紐 長さ150㎜×幅25㎜:1本
 金具 角かん×2個 移動かん×1個(下部写真参照)
 IMG_3392.JPG
 肩にかける紐が調整出来るように移動かん(写真右)を使用します。
 左二つが角かんです。かんは紐の幅に合わせたものを使用してください。
 (今回角かんは家にあったものを使用したので紐の幅と合っていません・・・)

①紐を切る
 3㎝の長さの紐を2つ切り分ける(ポーチと金具を繋げるため使用)
IMG_3391.JPG
  紐を切った端はほつれてくる場合があります。今回はアクリル製の紐を使用したので端をライターなどの火であぶって溶かしてほつれを止めています。(火傷及び火事に注意!!!)

②紐部分に金具を付ける
 紐に金具を通してミシンで縫う
  まず角かんを通し、片方は移動かんの中の棒に通して縫い付けます。
  (写真のマチ針の部分)
IMG_3395.JPG
  反対側も角かんを通して縫い付けます。
IMG_3399.JPG
  マチ針のところをミシンで縫っていきます。
IMG_3398.JPG

わかりやすく図で表すとこうなります。(クリックすると拡大します)
syorudaB.jpg
今回紐を「通し図その2」で通していますが、
「通し図その1」の方が紐の端が隠れるのでそちらをお勧めします。

ちなみに、移動かん部分の拡大写真です。
IMG_4175.JPG
ほんとうは、右の市販の紐の様に金具に近いところで縫い付けたいのですが、家庭用ミシンでは左の様に金具から離れたところに縫い付けることになると思います。
でも、多少金具と離れても特に問題ないです。

③マチをつくる
 底の折り目から垂直に、角が三角になるように縫う
IMG_340101.jpg
IMG_3403.JPG
  縫った長さがマチ(底の幅)になります。
IMG_3402.JPG

④紐取付
 本体(ポーチ)に紐を付ける
  写真のように、3cmに切った紐を使って②の紐の角かんをポーチに付けます。
IMG_3437.JPG
  ここはミシンが入らないので手で縫い付けます。

⑤完成
 出来上がりはこんな感じに。
IMG_3439.JPG
 裏はこんな感じに仕上がりました。
IMG_3440.JPG
 肩にかけるとこんな感じ、とりあえず子供は喜んでおります。
 これなら使い方もわかるでしょう。(笑)
IMG_3442.JPG



ブログランキング参加しています。クリックお願いします。
   ↓↓↓↓↓

手作り・DIY ブログランキングへ