So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2016年10月 |2016年11月 ブログトップ

キーラック(はしご型) [100均 DIY]



こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。


今回のDIYは・・・
玄関の小物類がごちゃごちゃしていたので、
キーラックみたいなものを作ってすっきりさせたい!

と、思って以前学習机を製作したときに余った角材(端材)を
使って何か作れないかな?と考えてみました。

ウォールラックは壁に穴をあけるのでちょっと躊躇・・・
いっぱい物をかけられるようにしたかったし、
角材だけで出来るものは・・・?


はしご型キーラック!!!


ということで、今回はキーラックを製作していこうと思います。


【Route家キーラック製作工程】
①デザインを考える
 寸法や鍵をかける部分の個数等考える

  角材を使用するのでデザインははしご型とし、
  はしごは3段、フック(かける部分)は3個づつとしました。
  keyrack6.JPG
  フックは100均(セリア)で購入しました。

②角材の裁断
 デザインに合わせてカットする

  立て掛けるため、脚の上部や下部の接地面を斜めにカットしました。
keyrack3.JPG

③組立
 ねじ止めして組み立てていく

  ビス打ちの時に木口が割れることがあります。
  こんな感じに・・・
keyrack1.JPG
  きちんと下穴をあけるべきでした・・・(泣)

④色塗り
 桟の部分はニスを塗る
 脚の部分は下塗りでグリーン、そのあとアイボリーのペンキを上塗りをする

  学習机製作で余った角材同様ペンキも余ったので今回はそれを使用しました。
keyrack2.JPG
  違う色で重ね塗りをして角を軽くやすり掛けすると、こんな風にレトロな感じになります。


⑤完成!
keyrack5.JPG
  玄関に立て掛けてみました。鍵のごちゃごちゃが無くなってすっきり!!

【製作期間】1日
【予  算】約200円(フック代)

ブログランキング参加しています。クリックお願いします。
   ↓↓↓↓↓

手作り・DIY ブログランキングへ



カラーボックスを使った袖机製作 [家具、インテリア]



こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。

さて、先日学習机の製作を紹介しましたが、
今のままでは引き出しが無いので

   袖机がほしい!!!

でも、袖机も買うとなったら結構かかるので、
これも学習机と同じように一からDIYで作ろうかと
思っていたのですが・・・


ある日、近所のホームセンターでぶらぶらしていたら
そのまま袖机に使えそうなカラーボックスを発見しました!
アイリスオーヤマ カラーボックス 2段 ホワイト CX-2

しかも、安い!!

寸法を確認して早速購入。
カラーボックスにぴったりの収納ボックスも置いてあったので
それも一つ購入しました。


さて、これらを使って超簡単な・・・
【Route家袖机製作工程】

①カラーボックスの組立て
当たり前ですが、カラーボックスは組立家具なので、説明書通りに組み立てます

②キャスターを付ける
 カラーボックス下部にキャスターのボルト径より1mmほど小さい下穴をあける
 その穴にキャスターのボルトをねじ込む

  Route家にはスチールラック用のキャスターが余っていたので使用しましたが、
  100均等のキャスターでも大丈夫だと思います
  (100均のキャスターはボルト以外にも、4本のネジで止めるタイプもありました)
Sodesk2.JPG  
  横板に取り付けると貫通するので、取付位置には注意して下さい

③取っ手を付ける
 取っ手をねじ留めする

  学習机の雰囲気に合わせて100均(セリア)で買ったアンティーク風の取っ手を
  取り付けました
Sodesk1.JPG
  これも取付位置には注意して下さい。

④完成
 もう完成です!!
Sodesk3.JPG
一緒に買った収納ボックスを入れるとこんな感じです。
Sodesk4.JPG

学習机にもぴったりです。椅子はさすがに初心者DIYではハードルが高いのでニトリで購入しました。
IMG_3270.JPG

【製作期間】1日
【予  算】2500円(キャスター代無し)
カラーボックスよりも中に入れる収納ボックスのほうが高かった・・・

次は、前回の机製作のときに余った端材があるので、何か小物でも作ろうかと思います。

  





ブログランキング参加しています。クリックお願いします。
   ↓↓↓↓↓

手作り・DIY ブログランキングへ



学習机製作 [家具、インテリア]



こんにちは。
ご訪問ありがとうございます。

Route家には子供が二人います。
その上の子が幼稚園年長の秋、
もうすぐ一年生だしそろそろ学習机がほしいね~
ということになって家具屋さん(ニ〇リ、シ〇ホetc.)で探すことになりました。

家具屋さんには机がいっぱいありましたが、
どうしても気に入った商品がみつからない!
なぜなら・・・

◎学習机は⇒デザインが子供っぽい
◎デザインが良くても⇒希望の寸法がない

希望の寸法があったとしても・・・
◎高い!!!

じゃあどうしようか?
そう考えたとき、思いました。

  ・・・無いなら、作ってしまえば?

と、いうわけでこんな学習机を作ってしまいました!!!
Desk_1-1.jpg





さて、学習机の作成と言ってもどのようにつくればいいか?
RouteはDIYの経験も浅いのでシンプルで作りやすいデザインを意識して考えました。

いきなり売り物のような机は無理なので、2つの棚を作って、組み合わせるデザインでどうかと。
棚を作ると思えば、少しハードルが低くなったように感じます。
まぁ、棚も作ったことはないけれど・・・
とりあえずは以下のような完成図を描いてみました。

完成図‗寸法有.jpg

机を部屋に置いたときにデッドスペース(すきま)を作りたくなかったので、
配置場所130cm強のスペースに収まるサイズにしようと考えました。
となると、天板、棚板は幅120cmにもなるので、たわみが心配・・・
なので天板、棚板の下には補強の角材(1x2材)を入れました。


下記はRoute家の学習机製作の流れを書いてみたので、
参考までに・・・


【Route家学習机製作工程】
①デザインを考える
 家具屋さんやインターネットなどで気に入った商品を参考にデザインを決める  
  
  ・パイン集成材(棚板)と2X3材を使うことにした(扱いやすそう?)
  ・棚板はニス仕上げ(油性着色ニス:ウォールナット)
  ・机の脚はアイボリー(アンティークっぽくしたいので、2度塗り 茶色⇒アイボリー)

②木取り(設計)
 無駄が出ないよう、木板をどのように切って使用するかを決める

③材料購入
 ホームセンターへ買い出し(木材、ニス、ペンキ、刷毛等の小物)

④木材カット
 木取図に沿って、木材をカットしたり穴あけをする

⑤木材のやすり掛け
 切った材料をやすり掛けしていく
  
  サンダーを使ったので楽に、すべすべになりました

⑥脚部分の組立
  
  まずは脚を組み立ててみたのですが左右でどうしてもずれが出る
  (素人なのでダボ穴がずれてしまった)
  ダボポンチを使っても、穴あけのときに数ミリずれる
  (下穴を面倒くさがって省略したのが大失敗)
  後で調整できるか・・・不安ながらも次の工程に進みました

⑦棚板ニス塗り
 棚板にニスをぬる

  一番大変。
  油性なので養生をしっかりしないと、色んな所にニスがついて大変!
  ニスは3回重ね塗りしたので3日かかりました
  塗る(1回目)⇒乾かす(一晩)⇒やすりかけ(やさしく手で)
  ⇒塗る(2回目)⇒乾かす(一晩)⇒やすりかけ
  ⇒塗る(3回目)⇒乾かす。
  時間はかかりましたが、この作業のおかげで、なかなかしっかりした塗面になりました
  ウォールナットは色もグッド!

  今回使用したニスはこれです。↓
  和信ペイント 油性ニス 高耐久・木質感生かした高級仕上げ 270ml
  油性ニスなので、扱いが面倒でした。
  用具(刷毛とか)を洗うのも、水ではなくペイントうすめ液になります。
  ペイントうすめ液はいわゆるシンナーです。手についたニスもうすめ液で洗うので、その日はシンナー
  くさい手になります。
  ただ、仕上がった塗面は水性よりもかなり良い感じで、少し面倒だけど学習机の天板ならしっかりした
  油性でよかったかと。天板がツルツル、ピカピカ。

  今回使用したペイントうすめ液はこちらです。↓
  和信ペイント ペイントうすめ液 250ml

⑧脚部分の色塗り
 まずペンキの下塗り、そのあと上塗りをする

  下塗りは自由に塗れるので、子供も手伝って家族総出でペイントしました
  仕上げにアイボリーの水性ペンキで上塗り(これはパパにおまかせ)

⑨棚板と脚部分を組立
 棚板と脚をダボでつなぐ
  
  ダボでつなぐけど・・・一人では無理(泣)
  ダボポンチでちゃんと穴明けたつもりでも、ドリル穴がどうしてもずれてしまうので、
  上手く組めない棚板も出ました
  苦肉の策でダボ穴を広げて無理やり組んでみると・・・当然、ダボ穴に遊びがあるのでぐらぐら
  広げた穴をエポキシ樹脂で埋めて固めてなんとかなりました
  (エポキシは固まると木材より硬いらしいです)

⑩完成
  
  天板の下には角材(1x2材)で補強しているので、
  大人が乗っても大丈夫?なくらい頑丈になりました!!

こんな風に棚とデスクが分れます
Desk_2-1.jpg

Desk_3-1.jpg
あ!!ダボにペンキを塗り忘れてますね・・・
皆さんは塗り忘れの無いように☆

Desk_4-1.jpg

【製作期間】1か月(ほとんど週末のみ)
【予  算】約25000円

DIYなので、部屋のスペースにぴったりサイズでできました。
子供の時から大人になっても使えそうで、Routeとしてはいい感じです。
ぜひとも長く使ってほしいものです。
    
あとは袖机がほしいので、これはまた別のDIYで・・・

ブログランキング参加しています。クリックお願いします。
   ↓↓↓↓↓

手作り・DIY ブログランキングへ





-|2016年10月 |2016年11月 ブログトップ