So-net無料ブログ作成
検索選択

ミニチェスト(引き出し 三段) [100均 DIY]



こんにちは、Route298です。
ご訪問ありがとうございます。

さて、以前学習机袖机を製作しましたが
「ちいさいものがしまえないよ~」と子供談。
確かに、小物類を入れておく場所がない・・・

と言うことで、今回は小引き出しを作ってみることにします!!!


【引き出し製作工程】
【材料】
 小箱×3(100均)
 木板900㎜×300㎜×12㎜(今回はファルカタ材使用)×2枚
 細い木の棒(割りばし可)
 取っ手×3(100均)
 ペンキ、着色ニス
 ビス(あればダボ)

①木取り
 小箱のサイズに合わせて木板の切断サイズを決める
  今回使う小箱はこれです。小箱を3つ用意し、引き出しに使います。
  IMG_3298.JPG
  小箱は100均で購入したもので、サイズを測ると210㎜×245㎜×65㎜でしたが
  一つ一つ大きさに誤差があるので、少し余裕をみて木板はこのように木取りしました。
木取図‗引き出し.jpg
  Aは天板、底板、間の板の4枚、Bは側面の板で2枚取ります。
  ちなみに、背面の板は使いませんでした。後ろだから見えないと思って(笑)
  
②木板切断
 木取図にそって木板を切断する
  電動工具を使うとらくちんです。
  route家ではBlack&Deckerの電動工具セット↓を使用してます。
  ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール ベーシック 18V EVO183B1

  これに丸ノコヘッドがキャンペーンで無料で付いてきたので、一通りはこれでOKです。
  これだけで、紹介するお手軽なDIYは、十分出来ちゃいます。
  
  今はこっちのセット↓のほうが、内容的にはお得で使い勝手もよさそうです。
  ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール プラス 18V EVO183P1

③組立
 木板をビス止めで組み立てていく
  今回はビスを見せたくなかったのでダボ穴をあけてから
  (貫通させてはいけません!!!)ビス止めをしてダボを埋め込みました。
ビス図.png
  こうすると下の写真のようになります。
ダボ穴1.JPG

  背面の板がないので引き出しは後ろに細い棒(今回は割りばし・・・)を張り付けて止めるように
  しています。そうすると引き出しを前でそろえやすいです。
IMG_3287.JPG
  もちろん中に棒を張り付けてから背面の板を取り付けることもできます。



④色塗り
 ペンキで色を塗る
  今回本体枠は着色ニス、引き出しはアイボリーで塗りました。
  ニスは学習机製作の時の余ったものを使用しました。↓
  和信ペイント 油性ニス 高耐久・木質感生かした高級仕上げ 270ml
  引き出しで隠れるので中までは塗っていません・・・

⑤取っ手取付
 取っ手を取り付ける
  ラベル付きの取っ手を100均で購入。付属のビスで取り付けました。
IMG_3284.JPG

⑥完成
IMG_3282.JPG
良い感じにできました!!!
これで机のごちゃごちゃが少しは解消すればいいのですが・・・(^_^;)

【製作期間】1日
【予  算】約1000円


    


ブログランキング参加しています。クリックお願いします。
   ↓↓↓↓↓

手作り・DIY ブログランキングへ




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0